GGG

プログラミング言語やソフトウェア開発について思ったことを書いてます

【感想】 React 開発入門 / 入門React

経緯

プロジェクトの開発責任者になってから、チームに加入するメンバーにReactを教育する担当になった。 そのため、研修期間内での必読書としての候補

結論、

WebデベロッパーのためのReact開発入門 JavaScript UIライブラリの基本と活用 は 研修用として有用。

入門 React ―コンポーネントベースのWebフロントエンド開発 は リファレンス本・副読本として有用。

読書期間

React開発入門

合計6時間程度 (PCで動作確認しながら)

入門React

3時間くらい

所感

React開発入門

非常に平易に書かれている。 使用している機能も限られているため理解しやすい。 ただし基本はおさえている印象。

ステップバイステップで進められる。

説明している内容が最小構成になっている印象。

メモ

JSXの説明があるが、es6のclassは説明なし。 トランスパイラあたりは省略されている。

省略されている事項は、必要に応じて学習が必要。 browserifyやwebpack,babelの説明は 入門React側に書いてあるので2冊を併用するといいかも。

入門React

幅広く書いてある。 平易ではないかも。

必要な知識ではあるが1冊目としては範囲が広すぎる印象。 React開発入門を読んだ後か、副読本として考えると良いかもしれない。

幅広く書いておりまとまっているため、リファレンスとして良いかも。

React開発入門で省略されている事項についても記載されている。

自身で開発環境を構築する状況になった際は必読本です。 webpackについては参考になった。

WebデベロッパーのためのReact開発入門 JavaScript UIライブラリの基本と活用

WebデベロッパーのためのReact開発入門 JavaScript UIライブラリの基本と活用

入門 React ―コンポーネントベースのWebフロントエンド開発

入門 React ―コンポーネントベースのWebフロントエンド開発

Mac で Docker 使ってた困ったこと

Mac で sleepすると、 Dockerの挙動がおかしくなる問題にしばらく困っていたが解決

Docker for Mac でアップデートしたらなおった。 v 1.12.5

OSX : El Capitan v10.11.6

github.com

Uncaught ReferenceError: regeneratorRuntime is not defined

Outline

下記のトラブルが発生した場合の対処方法に関する資料.

Uncaught ReferenceError: regeneratorRuntime is not defined

Environment

  • npm : v3.10.8
  • node : v7.0.0
  • ReactJS : v15.4.0
  • webpack : v1.13.3

Cause

JavaScript のES6文法をソースコードで使っている場合に、Bebelで変換処理が入る。この変換処理に必要なpackage(plugin, etc)が読み込まれていないことによる。

Generatorという機能を使っていると発生するらしい より具体的にはasync-await で発生。 arrow関数などのSyntax-sugarなどでも発生することが推測。

Solution

  1. インストール docker-compose run web npm install --save-dev babel-polypill
  2. 利用しているファイルの先頭で下記を入力
import 'babel-polyfill'; 

他にもいくつか対処方法があるようです。

Reference URLs

Niubility!

GitHub で  PullRequestを送ってマージしてもらった後に 「Niubility!」とコメントをいただいた。

初めてみた単語だったので調べてみたが中国製英語だそうだ。(和製英語的なものらしい)

和訳すると「すごい」という意味らしい。

ja.urbandictionary.com

【感想】年収の伸びしろは休日の過ごし方で決まる。

年収の伸びしろは、休日の過ごし方で決まる ズバ抜けて稼ぐ力をつける戦略的オフタイムのコツ34

読書期間

1-2週間(週末利用)

感想

ひさびさにビジネス書の類を読んだ。 気分転換や新しい発想を取り入れるには、いいものだ。今後も読み続けたい。

以下の3点にまとめてみた。

  • 全体を通して言えることは、ただ弛緩して過ごすのではなくオフタイムを真剣に過ごそう。

    • 趣味を全力でやる。
    • 休日を全力で楽しめれば、それが仕事へフィードバックされることもある。
  • 仕事にストレスがあるのは当たり前。このストレスとうまく付き合う必要がある。逃げるのではない。

    • 楽しむ。ゲーム感覚で
  • これは志向が分かれるかもしれない。。。

「好きなことを仕事にせずに、儲かる仕事を好きになる。」
(引用)

たとえば、エンジニア職の場合、マネージャになった方が一般的に年収が上がりやすい傾向にあるが あえて自分のやりたい開発現場に残るという選択肢もあると思った。

React Native はじめました。

Ruby on Rails はいったん離れて、React Native + redux でモバイルアプリケーションを開発することになった。

React Native : 0.20

数か月経つが、徐々に慣れてきた。

React Native Tutorial 他に役にたった書籍

Getting Started With React Native

平易な英語で書かれており非常に読みやすかった。 また、本が薄いため英語に不慣れな渡しても数日で読み終わった。

これを読んだおかけで

  • Async storage の使い方
  • JavaScript の記法でよく分からかなった箇所
    • async-await とかも理解できた。

そして何よりも英語に抵抗がなくなった。意外と読める。

多少、業務に余裕ができてきたら少し学習したことをまとめたいな。

参考書籍

Getting Started With React Native

Getting Started With React Native

Ruby Silver試験 悩んだことメモ

その1

メモ

以下は勘違い。 y = 1 は評価されていないように思えた。 これにより未定義によるエラー発生になると思った。 実際はnil が出力される。

その2

 メモ

仕様をよく知らなかった。