GGG

プログラミング言語やソフトウェア開発について思ったことを書いてます

【感想】フィッシュボーンノート術

 

年収が10倍アップする!フィッシュボーンノート術

 年収が10倍アップする!フィッシュボーンノート術

 

書経

「思考のボトルネックを解除しよう」を読んで

手法の一つとして「特性要因図」が紹介されていた。

これを使いこなす足がかりになるかな?と思い読んでみた。

読書期間

1日(2-3時間)

紹介

書籍のタイトル通り、フィッシュボーン(特性要因図)を使ったノートの使い方指南書。

書籍は非常に平易で読みやすい。

年収が10倍アップするかは疑問ですが・・w

 

ノートのまとめ方に関する書籍は多数出版されているようですが

紙とペンがあればできる道具に頼らない手法です。

と言っても紙とペンは必要ですw ノート術なので。

「わかる」ためには、分けて整理すること。

 

だそうです。

 

そのためには特性要因図が適役。

ノート術として使用することで情報を構造化するため

理解する助けになるようです。

また目で見て分かりやすいこともメリットです。

しばらくして見直すことですぐ思いだすことの手助けになります。

 

個人的にはノート術云々について知りたいというよりも

特性要因図の実用的な使用方法を知るために読みました。

その点についてはまぁまぁ満足です。

後は実践あるのみ。

 

メモ

「思考のボトルネックを解除しよう!」でも書いてあったのだが

特性要因図は、道具のひとつ。

これを上手につかうためにはフレームワークを使うのがよい。

 

サブテーマ(大項目)を何にしたら良いか分からない時にはフレームワークを使うことで迅速に取り組むことができる。

 

このケースのフレームワークは、何かを考えるにあたり必要な大項目のことである。

これらの各項目は粒度が同じであることが重要である。

>例

・W5H1 (Who , What , When , Where , Why , How )

・3C ( Customer , Competitor , Company )

・4P (Product , Price , Place , Promotion)

・5つの力(競合企業、新規参入の脅威、代替品の脅威、売り手の交渉力、買い手の交渉力)

・過去、現在、未来

・SMART( Specific , Measurable , Achievable , Realistic , Timely)

  →所説あるらしい。 

・(問題 → 原因) → (課題 → 解決)

 

 

年収が10倍アップする!フィッシュボーンノート術

年収が10倍アップする!フィッシュボーンノート術

 

 

参考URL

taisyo7333.hatenablog.com 

5W1H - Wikipedia

[3Cの正しい使い方とその限界]

gms.globis.co.jp

gms.globis.co.jp

www.nsspirit-cashf.com

目標明確化に必要なこと

SMART criteria - Wikipedia, the free encyclopedia